SSブログ

近詠 2020.06前半 [俳句]

 節くれが鯵の皮引く夕日かな

② 黒南風やわづかに見留むけものみち

③ 切岸の花合歓月にさやぎけり

④ 透きとほるみちの果なる雲の峰

⑤ 山の端の食はるるままに五月闇

⑥ ががんぼや玻璃のうへなる仁王の手

⑦ 結ぼほる夢より覚めて桜桃忌

⑧ 物いはぬ草に言問ふ喜雨の色

⑨ 梅の実の熟るるやをさなつまの声

⑩ 谷越ゆるみちすんすんと夏燕

⑪ 風透きとほる蜘蛛の囲の浄土かな

⑫ 麦の秋風アル中の目に涙

⑬ 雲立つや黙(もだ)のうちなる蝉しぐれ

⑭ 長崎忌みなと煮えたる記憶持つ

⑮ 灼(や)かれても見よふるさとの風の中

⑯ やまももの黒き落つるや雨の歌

⑰ 梅の実の熟れて紅きをしやぶりけり

⑱ 梅雨入り(ついり)かな 世紀刻めるをんな棲む

 

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

M・Y氏への返信 2020.06.07|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。