SSブログ

立冬を過ぎて [俳句]

   兎抱く心われらに無かりしや
   昏れ泥む浜百千の白兎かな
   点心を腹にをさめて日なたぼこ
   凍星や点滴終えて帰り道
   銀傘や冬青空の岸に映え
   ゆるゆると日を集めけり冬紅葉
   立冬や角煮ほほばる街のかど
   冬立つや肉まんふたつひとつづつ
   小六月おもひでの地へひとり来て
   

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。